FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

webらじお 菅井翔太朗の閑話休題(それはさておき) 第28回

最新版が更新されました。

webらじお 菅井翔太朗の閑話休題(それはさておき) 第28回

ご意見、ご感想をお待ちしております。

次回もお楽しみに!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

今までで一番長いブログ

を姉妹サイトの「これはブログだ…と思いたい」にアップしました。

読んでもらえるととてもうれしいです。↓

岡田斗司夫のひとり夜話(11/23)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

新しい手帳

手帳2010 1

昨日、新宿の東急ハンズで手帳を買いました。

これで手帳は4冊目になります。

今までは無印良品で500円くらいで売っている安いのを使っていたんですが、来年分はちょっと気合を入れて高いのを買ってみました。
まぁそれでも1500円くらいでしたが…

開くとこんな感じw
手帳2010 2

左側がスケジュールを記入するところで、右側がメモ帳になっているタイプです。
今までもこのタイプを使ってきました。

手帳ってのはこのタイプともう一つ「見開きにすると一週間が横に並んでいて、一日の時間割を縦に記入するタイプ」の二種類が主な様式になっているみたいですね。
自分のいままで使ってきたタイプはちょっと少なめだったので後者の方が一般的なんでしょうかね?

自分は右側のメモ帳部分を日記帳として使っていまして、ここ3年分は毎日ではありませんが日記をつけているんですよ。

日記も4年目に突入しようというところへきているわけですね。

新しい手帳を買うたびに古い手帳の日記を読み返したりするんですが、それがなかなか面白い。
「ちょうど一年前の今頃は何をしていたんだろうなぁ?」なんて思いながらページをさかのぼるとそこに自分の書いた日記がある。というのはなんとも楽しいものです。
直筆で記入しているのでその時の字の感じなんかでその時の自分の状態がなんとなくわかったりして面白いですね。
自分の字を見るとそのときにどんな想いでこの文章を書いたのかがなんとなく思いだされてくるのが不思議ですね。

日記はいいですよ。

誰に見せるでもなく自分の胸の内をこっそりそこへ書きつけて、後になってから読み返す楽しさ。
これは日記とつけ続けた者にしか味わえない至福の瞬間です。

毎日じゃなくてもいいんですよ。

自分は気が向いたときに一週間前とかひどいときはもっと前の日記をまとめて書くこともあります。
でも、憶えているうちならその時の出来事を書きとめておくことはできます。
忘れてしまってからでは遅いんですよ。

そして、そんな事を3年も続けてもう3冊の手帳が自分の生きた足跡を残しています。

なんだかあっという間の出来事の様に感じてしまいます。
でも、自分は確かに3年間手帳に日記を書き続けていたわけです。
その証拠が過去の手帳たちなのですから。

まぁ、当たり前のことなんですが…


まだ今年は終わっていませんが、振りかえる季節が迫っている事を想うと何かに追いつめられる様な感覚が襲ってきます。

今年もいろいろなところで歌ってきたなぁ。

今年は初めてギャラをもらえるサポートも出来たのでした。
たった二回ではありましたが…

ただ、ゆっくりだけれど確実に前へは進んでいると思います。

どうあがいても一足飛びに先へ進むことはできないんだろうと思うんです。
ちょっと言い訳臭いんですがw

手帳を買うたびに「前に手帳を買った時と比べて自分はどれくらい前へ進めたのかな」なんて考えてしまいます。
でも、停滞することはあっても後ろへ下がることは出来ないんだと思うんですよ。
それがよい方向であれ悪い方向であれ、人は進んでいくことしか出来ないんだと思うんです。
時間が決して戻らない様に。

過ぎゆく時を切り取って書きとめた手帳がまた一冊増えました。

来年はこの手帳に何を書き込むことになるんでしょうかね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

webらじお それはさておき 第27回

最新版が更新されました。

webらじお 菅井翔太朗の閑話休題(それはさておき) 第27回

ご意見、ご感想をお待ちしております。

次回もお楽しみに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

新しいバイト。

3週間ほど前からバイトが新しくなったんです。

深夜のコンビニのバイトです。
夜10時から翌朝8時までという時間で働いております。

昨日の朝8時まで働いていて、帰ってきて土日はお休みなので頑張って起きていようと思ったんですが睡魔に負けて午後3時くらいからダラダラ寝てしまい、気がついたら深夜。

12時間ほど寝てしまったわけですね。
さすがにもう寝ていられない、ということで起きてブログを更新しているわけです。
まさか今(朝4時前w)からギターを練習するわけにはいきませんのでw

ぺヤングのカップ焼きそばにキムチを入れた奴を食いながら深夜アニメを見てレビューを書こうと思ってます。
ただ、ブログの更新作業なんてのをしていたらすぐ3分なんて経ってしまいますね。
麺が柔らかい…
まぁ、疲れた身体にはよいのかなw

ここ最近ブログの更新も滞り気味ですね。
「webらじお それはさておき」ももう少ししたら更新しようかと思います。

今まで割と夕方から夜まで働くバイトをしていたんですが、ここまで昼夜逆転なシフトは初めてなのでまだ身体が慣れない感じですね。
もう少し慣れたらプライベートな作業もこなしつつバイトが出来ると思うんですけどね。

難しいのは睡眠のとり方ですね。

ただでさえ寝付きの悪い方で「寝よう」と思ってから眠るまで時間がかかるんですよ。
眠れないときは本当に眠れないし…

上手な睡眠の取り方ってないもんですかねぇ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カジノというギターを持っていまして。

マイミクさんが日記で「エピフォンのカジノを持っている人がいたら譲って欲しい」と書いていた。

自分はカジノを持っている。
韓国製のやつだ。
買ったのは確か3.4年前だ。

専門学校時代にどうしても箱モノのギターが欲しくて買ったんだった。
セミアコが欲しかったのだが、当時はギターの知識に乏しくフルホロウのカジノをセミアコだと思って買ったのだった。

カジノはいいギターだと思う。
まずは見た目が好きだ。

カジノ3

丸っこい大きなボディーが好きだ。
fホールもいい。
ただエピフォンの「E」のロゴは好きになれずはがしてしまった。この辺はエピフォン好きな人には怒られてしまうかもしれないな。

あとこのギターは軽くていい。
これを手に入れるまではホワイトアッシュのテレキャスを使っていたので重くてしょうがなかった。
軽いギターはいい。長時間の練習に適しているし、やっぱり取扱いやすい。
ネックも細くて弾きやすいし、フルホロウなので生音がデカイのでアンプ無しでも練習しやすい。

いろいろと思い入れのあるギターだ。
専門時代の後半は相当このギターのお世話になった。
ペグが若干弱かったので家にあるアコギのペグと交換したりもした。
穴の大きさが合わなかったため、自分で彫刻刀をつかって穴を広げて…

カジノ1

素人仕事なのでいびつになってしまったがチューニングは安定したので個人的には大成功だったと思っている。

ただ、弱点としては歪み系のエフェクターをかませるとあっという間にハウリングを起こしてしまうため使うジャンルを相当狭められてしまうという点だろうか。
コンテンポラリーな音楽で使うにはちょっと限界があった。

その後ヒストリーのセミアコを手に入れてからは弾く機会がずいぶん減ってしまい可哀そうな事をした。


しかし、今日。
久しぶりに弦を張り替えて音を出してみた。
マイミクに譲ることになるかもしれないので音が出るか試してみたのだ。

若干のガリはあったが音はちゃんと出たし、あの頃のカジノと同じ音がしてとても懐かしい気持ちになった。

今まで弾き語りしてやってきておらず、エレキは全くの素人同然の状態で入学したヤマハ音楽院での、ひたすらロビーで基礎練習をしていたあの頃を思い出した。
このギターでは基礎練習に明け暮れていた。

このギターはギターを弾くための基礎体力をつけるのに一役買ってくれたギターなのだ。

「恩人」ならぬ「恩器」だなぁとふと思った。

今まで自分の触れてきた楽器はすべからく「恩器」ではあるのだが、その中でもかなり深い恩を感じるギターではある。


それがもしかするとマイミクさんへ売られていくのかもしれないのだ。


まだマイミクさんの返事待ちなので何とも言えないのだが、そうなるとちょっと寂しい様な気もするのである。
ただ、今まで家で埃をかぶっていたのだから弾いてもらえる人の元へ行った方がいいと思う。

しかしながら、久しぶりに音を出してみてこのギターの良さを再認識した。
やっぱり自分はこうゆうギターが好きなんだろうなと思った。

これからはもう少し弾いてあげるようにしないとな。


どうしてもメインで使っている楽器以外は出番が極端に減って可哀そうな状況になってしまう。
どうしたもんだろうか。

自分にとって初エレキであるホワイトアッシュのテレキャスも最近出番がなくて眠っている。
アコギの方にもそうゆう奴がいる。

どうしたもんだろうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

楽器フェア2009に行ってきたんですよ。

これは11/5(木)のことです。

友人のギター弾きに誘われて行ってきましたよ。
待ち合わせは朝10時…開場とほぼ同時に入って空いているうちに観て回ってしまおうという魂胆だったわけです。

ただですね。
前日全然眠れなかったんですよ。
別に楽器フェアが楽しみで~みたいな理由ではなく。
時々あるんですけどね。本当にほぼ不眠状態だったんですよ。

布団に入って横になっていてもあまりに眠れないのでiPodでひたすら聴いていました。

最初は落語。
わたくしは立川談志が大好きでして、いくつか噺を聴けば眠くもなってくるかな。なんて思って聴き始めたんです。
ところが落語なんて聴き始めたらその「間」やらを真剣に聞いて「何か盗めないか」なんて考えながら聴いてしまうものだから全く眠れません。
目はさえていく一方。

もうこの時点でかなりあきらめモードではあるんですが、しょうがないで今度はアニソンを聴いていました。

串田アキラが大好きなんですよ。
彼の歌は熱い。
お気に入りは「宇宙刑事シャリバン」のEDで使われていた「強さは愛だ」という曲。
その熱い内容の歌詞に涙がちょちょぎれます。

あと、わたくしはアニソンのベースラインを聴くのが好きなんですね。
あの時代のアニソンのベースラインってかなりトリッキーな動きをするものが多くて聴いていて飽きないんですよ。

そしてその流れで子門真人。
彼の歌ってるアニソンは串田兄貴が歌っているものに比べるとちょっとチープな曲が多くて「笑える」曲が多い印象。というが自分のiPodに入っている曲はそんな感じなんです。
お気に入りは「カモン!アステカイザー」という曲。
「カモン!カモン!」と繰り返し子門さんが歌うんですよ。笑えます。
そしてもっと笑ったのは「ウルトラセブンのうた」の英語バージョンを子門真人さんが歌ってるんですよ。
イントロの有名な「セブン~、セブン~」とコーラスが重なっていく部分を全部子門さんの声で重ねどりしてるんですよ。
しかもあの独特な発声法でwww
「子門真人だ~~~」と笑いがこみあげてきて、イントロが終わると英語の歌詞を歌いだすんですよ。笑えます。

彼は「マジンガーZのうた」や「ウルトラマンレオのOP」なども歌っているんですよ。
ただ、テレビで使用されているのはいずれも違う歌手が歌っているものなので、恐らく最終選考で漏れたバージョンかパチモンとして発売された海賊版なのかもしれません。
彼の独特な節回しで歌われる有名なアニソンはまた違った趣があって面白いです。

彼はその独特さが故になかなか大ヒット作を歌えずに苦労したのかもしれませんね。
そこそこのヒット作はいくつも歌ってるんですけどね。
「たいやき君」が出るまではなかなか厳しい状況だったのでしょう。
どうしても「水木一郎」や「串田アキラ」や「ささきいさお」なんかに比べると地味な印象のある子門真人ですが、個人的にはあの節回しは大好きで物まねの練習に励むほどです。

そんなこんなで60年代後半から70年代前半にかけてぐらいのアニソンをいろいろ聴きながら朝を迎えてしまったわけです。


そして、いざ「みなとみらい駅」へ。

東急東横線に乗り換える手前くらいにメール。
楽器フェアに誘ってくれた友人から「1時間ほど遅れそうです先に入っていてください」という折の内容だった。

「10時に」という提案は彼からだったので若干複雑な心境になりつつも、自分もあまり深く考えずに合意してしまったということもあってあまり腹を立ててもしょうがないかと思いなおして開場入りした。

入口には手を消毒するためのポンプが設置されてあってインフルエンザの流行を実感させられる。
全国の学校では学級閉鎖するクラスが続出していると聞く。
自分の6つ下の妹の通う高校でも学級閉鎖するクラスが出ているようだ。妹のクラスも学級閉鎖になったらしい。
自分は学生時代に「学級閉鎖」という行事(笑)に出合ったことはないのでちょっとうらやましい気分ではある。
誠に不謹慎な思考だとは思いながらも…

不景気の影響で各業界の展示会は減少傾向にあるといろいろなところから聞いてはいたが、楽器フェアもご多分にもれず縮小傾向にあるようだった。
前回楽器フェアに行ったのは確か2年前。
そのときと比べると同じ会場での開催だったこともあって各メーカーのブースの数の減りが一目瞭然だった。

その前に行ったのは4.5年ほど前だっただろうか。
その時は会場は都内でもっと大きな所だったと記憶している。
その時はステッカーやらカタログやらギター関連の小物やらマグネットやらと各メーカー相当数の物を配っていたというのに、前回減り、今回はさらに減った。

エリクサーで試奏した際はミニクロスを貰っただけだった。確か4.5年前の楽器フェアでは「試供品を送るから住所を書け」と言われて本当に後日エリクサーの弦はワンセット届いたと記憶している。

ヤマハやコルグなど大きなメーカーは相変わらず広いブースにいろいろな楽器を並べていたが、中小のメーカーの出品が軒並み減っていると友人が教えてくれた。

エリクサーに行った後はコルグのブースでWAVEDRUMというのを試打した。
これはなかなかによい楽器だなと思った。
今まで手で叩くタイプの電子ドラムは表面がラバーの様な材質で叩き心地がいまひとつだったのに対してこの製品は打面が皮を張った様な状態になっているので叩いたときの感触がかなり「皮物」の打楽器に近い印象だった。
プリセットの音色もいい音色をなかなかそろえている様だったし、微調整もきくようだ。

自分は打楽器奏者ではないが打楽器は大好きでパンデイロを持っているほどだ。
これが一台あれば宅録で打楽器には事欠かないだろう。
値段が5万円ほどとなかなかよい値段なのですぐに手に入れるのは難しいだろうがこれは買って損はない楽器だろうと思った。

とにかく欲しくなったw

時間を忘れてずいぶんと長い間叩いてしまった。
やはり自分は打楽器が好きなんだろうなぁ。
リズムは身体で感じるものだからいいのだろうと思う。コードやスケールのことを考え出すとどうしても音楽が左脳寄りな物になってしまう気がする。
もっと感じたまま表現したい音を出す。という点では打楽器はとてもナチュラルに音楽を感覚的に表現できる楽器だと思う。
いかんせんピッチを持たない打楽器では音楽的な「広がり」に欠けるので和音と旋律を出すこの出来る楽器を入れて音楽を表現せざるを得ないのだが、音楽の根本というか根源にはリズムがあって、そのリズムさえあれば音楽として成立するはずなのである。
打楽器を叩いているとそこに生まれるリズムにピッチはないけれど、確かにここに音楽は存在していると感じることが出来ると思う。

ギターでもそれが出来ればと常に思っている。

それからヤマハのブースへ行ってエレガットを2本ほど試奏した。
ヤマハの新製品らしい。
片方はボディーが薄く、ネックも本来のガットギターよりも細めになっている物を弾いた。
これは落第。
音がバリバリだった。セッティングで多少変わるのかもしれないがどうもラインの音が好きになれなかった。
そして、ボディー厚もネックも普通のガットギターに近いタイプの物も弾いてみた。
こっちはまあまあ。
やはりヤマハのピエゾらしいバリバリした音であることに変わりはなかったが、ボディーとネックはしっかりあるために鳴り方が若干ナチュラルなガットの音に近い様に感じた。
まぁ、テイラーのエレガットの方が個人的には好みだったが…

そして、ヤマハではもう一本。
FGで20万ほどの値段がついているギターがあったので弾いてみた。
まずネックが細かった。
今使っているタコマのギターが割と指弾き向きに指板が広くなっているタイプなので余計にそう感じたのかもしれないが、指板が狭かった。
でも、弾きやすかった。
「普通のギターってこのくらいのもんだったかなぁ・・・」と若干いぶかしがりながらいろいろと普段やるプレイを再現したみたが、これはこれで出来なくはない。
普段使っている楽器とは相当違う方向を狙った楽器だろうということはわかったがこれはこれで「使える楽器だ」とは思えた。
ヤマハらしい頑固さも適度にあって弾き語りにも向きそうだなと思った。

その後友人と合流して「プレミアムギターショウ」のコーナーで車の様な値段のギターを見たり、マーシャルの新しい小型アンプをみたり、と一通りまた観て回った。
ブースの数が少ないのであっという間に観終わってしまった。

高いギターの並ぶ「プレミアムギターショウ」で思った。
このギターたちは幸せなんだろうかと。
これだけ高額な値段がついてしまうとおいそれとは弾いてもらえない。
運よく凄腕なギタリストに買われて行っていろいろなところで弾いてもらえる機会を得ればよいが、運悪くコレクターやギターを投資の対象としか思っていない様な人間に買われて行ってしまったら、また何十年も誰にも弾いてもらえないまま倉庫の奥に保管され続けることになってしまうだろう。
どちらがギターにとって幸せなんだろう。と考えた。
ギターは自分の価値を上げるために保管されることに喜びを感じるのだろうか。
ギターは人前に出て音を出すことによって消耗することに痛みを感じるのだろうか。

倉庫の奥で眠り続け、価値が上がってしまったが故に誰にも手の届かないビンテージギターになってしまったギターは幸せなんだろうか。
そして、骨董品になってしまったギターの最期は…

ギターは楽器だと思う。
音楽を奏でるための道具であると思う。
道具は使われなければガラクタ同然だと思う。
高額なガラクタの山の中で一人、ギターの最期を想ってブルーになってしまった。

もうそのあたりで自分の楽器フェアでの目的は達成されたので友人と別れ、横浜へ向かった。
朝から何も食べていないのだ。
時刻は午後1時をまわろうかとしている。

横浜の西口、ドンキホーテの向かいあたりにあるラーメン屋に入った。
タイムセール中とやらで500円でラーメンが食べられた。
とんこつ博多ラーメンだった。細麺が美味だった。ただ、ちょっと固かったかな。あんまり気にしない食べられるから気にしない。

帰りにアニメイトにでも寄ってマンガを見ようかとも思ったが、財布と身体に相談して止めた。
とても眠かったのだ。
夜中全く来なかった眠気がここにきて押し寄せた。
早く帰って眠りたかった。
今日は夜10時から翌8時までバイトだ。しかも2連勤。

最近始めたコンビニの深夜バイトは仕事内容的にはそれほどきついものではないのだが、時間帯がきつい。
高い自給には理由があるわけだ。

ということで京浜急行に乗りこんだ。
運よく座れた。ちょっとでも寝よう。

あっという間に意識を失い、気付いたら久里浜に着いていた。

楽器フェアへ行くたびに高額な楽器をこの手にできないもどかしさと、ショウケースの中でじっとしているギターを音楽の世界へといざなえない自分のふがいなさに落胆する。
楽器がそれを売って商売をする「商品」である限りこの事実は揺らがない。
楽器は楽器であるまえに「商品」なのだ。

そして、自分は自分の作る音楽を「商品」にしようとしている。
自分の音楽を音楽であるまえに「商品」にしようとしているのだろうか?
いや、自分の音楽は「商品」である前に「音楽」であって欲しい。
これは「卵と鶏」の様な話だ。
「戯言」と言ってもいいのかもしれない。

そして、わたしのつくる音楽は「音楽」である前に「戯言」なのだろう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

webらじお それはさておき 第26回

最新版が更新されました。

webらじお 菅井翔太朗の閑話休題(それはさておき) 第26回


ご意見、ご感想をお待ちしております。

次回をお楽しみに!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ライブでした!

今日は高田馬場monoさんでライブでした。

<セットリスト>
1、うまい棒のうた
2、あと5分
3、つんでれ
4、52-8
5、光

という5曲でお送りしました。

「うまい棒のうた」は初演でしたね。
対バンの方やmonoの方々にずいぶんいじって頂きましたw

正直お客さんに「ポカーン」とされないかかなり心配だったんですが、ステージ上から見た限りは結構笑って頂けたのでよかったかなと思っています。

掴みはバッチリ?w

最近寒くなってきて布団から出るのが辛い季節になってきましたね。(自分は年中ですがwww)
ということで「あと5分」を久しぶりにライブで歌いました。

実は今日は起きたら15時半…という大寝坊してしまったのです。
あと5分どころか起きて5分で家を出る勢いでしたよw

目覚ましが鳴らなかったんですよ。恐らくセット忘れ…
そして、誤作動した携帯のアラームに助けられましたw

それから「つんでれ」
今日は対バンさんが二組とも女性でお客様にも女性の方が多かったのでどうにかして女性の方に楽しんで頂ける曲をやりたくて選んでみました。

「みつばと」にしようかとも思ったんですが、そうすると激しい曲がなくなっちゃうんで「つんでれ」にしました。
ただ、このセットリストだとちょっと浮いちゃいましたかねぇ。

激しい曲でこうゆうセットリストにもフィットする曲が欲しいですねぇ。
作らないとなぁ。
でも、苦手だから出来ないんだろうなぁと思うんですよ。
がんばりますけどねw

「52-8」はやっぱりはずせませんでした。

最近は本当に毎回毎回なんで自分自身でも「ちょっとこれに代わるのを~」って思い始めてるんですがねぇ。
なかなかこの役割を果たしてくれる曲はできませんねぇ。
あんまり「まんま」な感じになってしまうとつまらないんですよねぇ。

まぁ…善処します。

最後は「光」にしました。
最近あまりやってなかったんですが久しぶりにやってみました。

やっぱり最後に「光」をやるのは落ち着きますね。
「終わったぞ!」って感じになりますからね。

全体的にトークも落ち着いて楽しいおしゃべりが出来たと思います。

やっぱり新曲を書かないとなぁってのがライブをやるたびに思うことですね。
「明るく楽しい」を曲にしないとなぁってのは本当にずいぶん前から考えてることなんですけどね。

これも…善処しますwww


次は幡ヶ谷です!

12/3(木)
幡ヶ谷36.5℃
OPEN 18:00 START 18:30(仮) 
¥2000(1ドリンク付き)
出演/中村ケーシ・村上眞奈美・菅井翔太朗・イサノジュンほか


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

明日ではなく今日か…

日付変わって今日はライブです。

11/4(水)
高田馬場 mono
Open 18:30 / Start 19:00
Adv \2,000- / Door \2,500- (1drink別)
出演:今井あさ美/ ちび。/ 菅井翔太朗 and more…
※出番は19:40~の予定です。

今回は新曲から始めようかなと思っておりまして。
そうゆう緊張があります。

しかも、その新曲は結構冒険なんですよ。
個人的には結構手ごたえはあって、恐らくウケルとは思うんですけどね。

ただ、「ポカーン」とされるのが怖いってのもあるんですよね。

そして、今まで書いてきた曲とずいぶん毛色の違う曲なんで他をどうゆう曲で構成しようか。という悩みも当然あるわけで…

最近は短い、割と「抜いた」曲で初めるパターンが多かったのでそのノリではあるんですけどね。

毎回曲順は悩みの種です。
普段やらない曲の中にもやりたい曲はたくさんあって、しかしながらウケのいい曲ってのもありまして…

まぁ、曲順を決めるのは本当にライブ直前のステージ裏でだったりするので、直前まで「どうしようかなぁ~」なんて悩んでいるのはいつもの光景ではあるんですけどね。

そう、いつものことです。

でもやっぱり悩みますね。

いいライブにしたいですからね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いきなり計画が頓挫?

ツイッターをHTMLの形式で表示する機能があるんですが、それがうまく表示してくれない…

「これはブログだ…と思いたい。」の方のサイトでもうまく表示されない…

最近はツイッターを利用して一日ひとつ「なんかいい感じのこと」を言う『今日から一言』というコーナーをやっていたんですが、開始早々頓挫…

誰か原因を教えて~~~


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

☆うたろう☆

Author:☆うたろう☆
どうも。ヲタギタリストシンガーソングライターの菅井翔太朗でございます。ギターを弾き、歌い、歌を作ります。ベース、ドラム、パーカッションなどもこなしちゃったり。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。